長く座る方々のためにRECAROを選びました!

長時間座ることを前提に選んだ商品

オフィスやデスクワークなどで事務的仕事の場合や、パソコン等のキーボードを操作する場合、時おりリクライニング姿勢をとるのが理想的と言われます。ただ一般的な椅子では、腰の部分に「隙間」が出来てしまいます。「隙間」が出来るということは、その部分が支えられていないということです。その支えられていない部分に負担がかかり最終的には背骨がCの字状態(かがみ込んだ状態)になり腰痛につながっていくのです。

椅子に正しく座る場合、背骨が緩やかな"S"の字(背筋を伸ばし直立した状態)になるように座ることが必要です。その理想的なS字の状態を保つには、

  • 体を包み込んでくれる適度な硬さの大きな背もたれ
  • 着座面の横ずれを修正し、背骨の直立状態を保持する事で腰の筋肉緊張を和らげる効果があるサイドサポート

が必要です。

さらに、座面では理想的な面圧分布(座ったときの体重の負荷を、均等に分布すること)が必要と考えます。 また、座面には骨盤が前にずれるのを防ぐように構造的に造られています。

長時間座っている事を前提に考えられたシートは、航空機や自動車に使用されているRECAROシートに私たちはたどり着きました。レカロ・シートは、

  • ゆったりした背もたれと適度な硬さのバックレスト
  • 理想的なS字を保つことが出来るバックレスト
  • 無断階リクライニングが出来るバックレスト
  • 体の横ずれを修正するサイドサポート
  • 臀部にかかる重量を均一に理想的な面圧分布を持つ座面

を備えたレカロの椅子です。

その椅子に、ロッキング機構を加え重心が前後に移動する度、背もたれから座面にかけて耐圧分布が変化し、身体のどこかに圧力が集中するのを防ぐことが出来るレカロ・オフィスチェアーやソファーを作製しました。

※製品は予告なく変更される場合がございます。